2005年12月18日

ドライバーとその思惑

”アロンソ、2007年はルノー離脱も”(@nifty:モータースポーツ:F1)

今季素晴らしい走りでワールドチャンピオンとなったアロンソですが、来季以降の彼の去就について周囲が騒がしくなっているようです。



その発端となったのは彼の
「ルノーとの契約はあと1年。それ以降は自分に最も良いチャンスがあると思えるチームで走るよ。」
という発言。

生来F1ドライバーという人種は現状に満足するということはないように感じられますが、この発言もそれを見越したものなんですかねぇ?

ルノーは他チームに比べV8の開発が遅れていると云われており、年内の走行テストを行わなかった。これに対して発破をかけるためとか…)

(あとミシュラン撤退によりタイヤのアドバンテージがなくなることへの危惧なども考えているとか?
レギュレーションが今後どうなるか分かりませんが、BSの開発チームはフェラーリですから。でもチーム毎のカスタムタイヤが認められればそれはまた別の話です)


勿論彼を取り巻く環境が大きく変わっていることも一因だと考えられます。

↓ブリアトーレとの関係。年棒の低さ。新規参入を図る「チームスペイン」との関係、などなど)

裸のRenault team(こんなに仲良さげなのにwww)


そんな世界チャンプはどこへいくのでしょうか?なんて思っていたら、今度は前世界チャンプにもまたウワサがあるみたいですね。


”シューマッハ フェラーリでのラストイヤーに備える?”(F1 Racing.jp 2005)


引退やらレッドブルやらマクラーレンやら相変らず凄い人気です。
確かにどのチームオーナーも一度は走らせてみたいドライバーでしょうからねぇ。

(それに彼とともに動くカネも見過ごせないでしょうし。でもマネージャーのウィリー・ウェバーがクセ者だからどう思惑が働いているのか)


まぁいろいろとありますけど、ドライバーの移籍話こそ先の見えないモノですから落ち着いてゆっくり観たいと思います。

バトンゲートや鈴鹿を前にしたジャック突然の解雇等にはビックリしましたからw)


(12/20)追記:
”アロンソ、「この時期の発表に意味がある」”(@nifty:モータースポーツ:F1)
”2007年、ライコネンはフェラーリ移籍?”(@nifty:モータースポーツ:F1)


まさかマクラーレンに移籍とは!ビックリしました。

これで気になるのはライッコネンがどこへいくかということですね。
かねてから噂されていたフェラーリに移籍するにしてもマイケル次第になりそうですが。

ともあれ06年の結果次第で07年のドライバー市場は大きく変わりそうです。

(ロッシは06年のフェラーリの結果待ちなんでしょうか?でもマイケルが残留したら来るに来れなくなるんじゃ…?)


(12/23)追記:
”エクレストン氏、「ライコネンはフェラーリだろう」”(@nifty:モータースポーツ:F1)
”ライコネン、「フェラーリなんて決まってない」”(@nifty:モータースポーツ:F1)


07年以降のライッコネンはどうするんでしょうね?
バーニーは両雄並び立たずみたいなことを言ってますが、競争力のあるマシンならばチームメイトになるのも止む無しなんじゃないでしょうか?

『難破船』なんて云われているルノーに移籍することは考えにくいんじゃ…?)

それにしてもモンちゃん(モントーヤ)はどうなるんだろ?

musicheadさんのアイディアとして、「HONDAに移籍してバトンと組むのがいいかも」とのこと。いやー素晴らしい!さすがっス!)


”マルコ・ホルツェル、BMWのF1テストへ”(@nifty:モータースポーツ:F1)


マンセルの息子が参戦したり、ニコ・ロズベルグがF1にステップアップしてきたりと今注目の的となっているBMWのジュニアフォーミュラですが、これからはBMWザウバーF1との結び付きが強くなっていきそうです。

それはなんかジャック包囲網が狭まっているという風にも感じますが、来年公開予定の映画以上に彼には期待しています!(リチャーズなんかの罵詈雑言なぞ気にせず頑張って!)

『Villeneuve』公開予定!

F1 TBP
posted by マトラボ at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。