2006年02月20日

110%ルール

”FIA、F1新予選方式に改良を加える”(@nifty:モータースポーツ:F1)


今季から大幅な変更が行われる予選フォーマットですが、懸念されていた”ルールの抜け道”を塞ぐことはできるんでしょうか?



それはノックアウト最終予選時において、序盤に燃料をセーブするためにドライバーがスロー走行を行なうのではないかという点です。

現在予定されているフォーマットでは、
最終予選に進んだ10台のマシンは、決勝序盤に走行する燃料を搭載して予選アタックに臨み、予選終了後にFIAが定める1周あたりの燃料消費量を周回数によって計算し、その分の燃料をマシンに補給することが許される。
とされており、スロー走行を行った(FIAが定める数値よりも少ない燃料消費で1周を走った)場合、規定より多くの燃料を搭載出来るため、理論上レースで戦略的に優位に立つ可能性が指摘されています。


これを防ぐべくFIAがルールの導入に動き出しているそうです。その適応事例としては、
「いわゆる110%ルールは、最終予選において燃料をセーブするためにドライバーが極端に遅いインラップ及びアウトラップを行なわないことを確かにするだろう」

「110%ルールが適用された場合には、各ドライバーの自己ベストタイムの110%以下のラップに関しては、公式予選終了後の燃料補給の計算に含まれない」
とFIAのスポークスマンが説明しています。

これで抜け道を塞ぐことが出来ればいいんですけどね。


でもノックアウト方式だと各国の中継権をもつTV局の予選放送方法がどう変わるのかちょっと気になります。

(何しろ最初のセッションでは全マシンが走行を行うため、ミッドランドやスーパーアグリF1は画面に映らない可能性があるんじゃ……?)

F1 TBP
posted by マトラボ at 11:24| Comment(0) | TrackBack(3) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13502216

この記事へのトラックバック

F1 ノックダウン予選に110%ルール??
Excerpt: まだ本確定ではないようですが、ノックダウン方式で最終セッションに進めなかった12台は予選終了後燃料補給が可能(TOP10台は決勝レースも見込んだ燃料搭載量で予選アタック)という話だったんですが、予選セ..
Weblog: VAIOちゃんのよもやまブログ
Tracked: 2006-02-20 12:36

F1:予選方式に変更?
Excerpt: また予選方式に変更が加えられるかもしれない。今シーズンの予選は3段階の『ノックダウン方式』と呼ばれる方式で徐々に選抜されていくが、最終セッションに残った10台については決勝レーススタートをも見込んだ燃..
Weblog: FASTEST LAP(F1/SuperAguriF1&車&音楽)
Tracked: 2006-02-20 12:41

110%ルール
Excerpt: これもF1GP News川合ちゃん解説ネタ。 予選での110%ルール、よく分かっていませんでしたが、図で説明してくれました。 インラップのタイムを除外するため、セーフティーカーライン1(S..
Weblog: @スーパーアグリF1を応援しましょう
Tracked: 2006-03-26 20:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。